PUGLIAよりわがまま情報

ブログやるならJUGEM
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
  • イタリア料理とワインの日々 食通のご夫妻が滞在されました vol.4
    MAKI (02/04)
  • イタリア料理とワインの日々 食通のご夫妻が滞在されました vol.3
    MAKI (02/04)
  • イタリア料理とワインの日々 食通のご夫妻が滞在されました vol.4
    Robotino (02/04)
  • イタリア料理とワインの日々 食通のご夫妻が滞在されました vol.3
    mayumi (02/02)
  • 私のプーリアな日々 Yukikinaママとシエナちゃんのプーリア滞在
    MAKI (01/22)
  • 私のプーリアな日々 Yukikinaママとシエナちゃんのプーリア滞在
    ゆききーな (01/18)
  • 私のプーリアな日々 太一さん 雪のアルベロベッロ
    La (01/16)
  • 私のプーリアな日々 太一さん 雪のアルベロベッロ
    MAKI (01/15)
  • 私のプーリアな日々 太一さん 雪のアルベロベッロ
    MAKI (01/15)
  • 26日はアルベロベッロで思いっきり楽しく美味い日に。。。
    MAKI (01/15)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
チブス CIBUS スローフード協会加盟リストランテ
チーズといえば、チブス! 私たちの友人、シェフ・トニーノの
友人であるアンジェロ・アルフォンソさんのチーズ道楽(失礼!)も
目と鼻と舌で楽しめます。ワインもちゃーーんと合ったものが
出てきます。
チーズとワインのお口の中での絶妙な営みに感動!
思わず咽そうになりますよ。
CEGLIE MESSAPICAの旧市街にある非常に有名なお店です。 
春に行ったときの写真、トニーノ、アルフォンソさん、ジュセ。

沢山出されたアンティパストは食べることに必死になり
撮り忘れたピアットもあります。
グラーノのサラダ、キノコとチーズのカルパッチョ

ズッカの花のリコッタ詰め

何か特別なチーズでからめたグラーノ、トリュフが乗っている

リコッタ・フォルテの手打ちパスタ、凄まじい香り、、旨い。

羊肉、いのしし、豚などの炙り焼きとポテト
肉の甘みや味の濃さがとにかく最高! 手掴みで骨を
しゃぶりたかった。リストランテでいつもこういったストレスが
溜まる私は実は野蛮人なのです。

リコッタチーズのドルチェ、あ〜何だったけなーとっても
手間をかけて作ったソースが掛かってます。

ドルチェの前にアルフォンソさん自慢のチーズBARで自ら切り出した
数種のチーズ盛り合わせに蜂蜜をあわせたものも出ました。
今までチーズ&蜂蜜はそんなに美味しいと感じなかった私も
思わず笑顔でワインをチュルチュルすすりながらいただきました。
ちなみにワインは3種お料理に合わせて出されましたが、
さすがの選択、さすがのプーリアワイン!!
スローライフの地,プーリアのスローフード協会加盟の
リストランテでのんびり力強い旨さのお食事いいですよ。
スポンサーサイト
- | 18:55 | - | -
コメント
from: 大阪のマキ   2005/11/20 6:24 PM
MAKIさんこんばんは。
MAKIさんのブログを夕食前に見ると、お腹がグーグーいいます。
大阪にもイタリアンのお店がいっぱいありますが、
実際の安さと美味しさには勝てませんよね。
どんなにお気に入りのお店でも、全てにおいて満点ではないんです。
そんな時、またイタリアへ行こうと思うわけです。
ああ〜ズッカの花のリコッタ詰め・・・これ食べたい。
こんなの日本では食べれないですよね〜

コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。